weblog

blogrion - caesarion.com

最近は、マンション購入まっしぐら。買うぞ!買うぞ!買うぞ! てか、買っちゃったんだけどね。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
 
靖国神社

終戦記念日ということもあって、靖国神社に参拝してきた。今年は土曜日だったから初めて昇殿して参拝した。

お昼前だったせいかもしれないけど、思ったより普通の人や遺族会の若い人が多かった。軍服来ているマニア風の人もいたけど、右翼風の人も少なかった。落ち着いて参拝できる雰囲気になってきていい感じ。

直前のグループは議員さんたちがいたようでメディアが集まってた。俺はその次に遺族会の人たちと個人参拝の人たちと一緒に昇殿した。大伯父が戦死してるんだけど、この年になって初めて大伯父に参りました。

拝殿でYouTube、ニコニコ動画でおなじみの鳥肌実さんを見かけた。後で知ったんだけど、金美齢さんや田母神さんも来ていて講演してくれてたらしい。聞きそびれて残念。
撮影用の江戸時代
今日は筑波にある神社に行ってきた。


まずは「八坂神社」。詳しくはWebで。Webもあるし総鎮守と謳ってるからには御朱印もあるだろうと勇んでいったものの、神主さん不在で参拝だけして撤退。開けっ放しで不在だったので一時的にいなかったのだと思うけど、待ってると怪しい人扱いされそうな雰囲気の集落だったので、早々に退去。また今度行こう。


で、そのあとに「千勝神社」へ。詳しくはWebで。名前が強そうだったのでなんか御利益も強そうな感じで、行ってみたかった神社。周囲の寂れっぷりには似つかないぐらいの構えで、ちょっと意外だった。こちらは神主さんも完全常駐のようで、難なく御朱印をいただけた。


が、なんとなく他の神社と雰囲気が違う。神社の方針として「世界平和」を祈願しているようで、この世界平和を謳っているところが超保守神社ヲタクとしては違和感がありまくり。それぞれの考えがあってのことだろうとは思うけど。そしてどこを探しても忠魂碑もないし、伊勢神宮に参りましょうポスターも無い。うーん、これはもしや・・・

この後、主目的のワープステーション江戸へ。

ここは江戸時代を模した撮影用セットがあって、ドラマなんかで使われているらしい。そういや見たことある光景が広がってた。かなり所せましと建物が建てられていて、賑わいのある町並みや貧しい村なんかもあったりして、いろんなシーンに対応できそう。

とはいえ撮影用セットが置かれているだけなので、お土産物があったり、顔を出して撮影するボードがあったりするわけではないので、ふ〜〜〜んって見て回るだけでおしまい。博物館的な面白みは無いものの、江戸時代を想像するには面白いかも。

まぁ室町時代フェチとしては十数分で出てきたわけで、なんだか不発な参拝の旅だった。来週はもっと予定を万全に立ててから出発しようっと。
赤城神社
金色の御朱印帳があるという赤城神社に参拝に行ってきた。なぜか巨大なカメラを持った人々が大挙していたけど、神社そのものは閑静そのもの。湖のそばにあるのと、天気が良かったから、神社っぽくない明るさ。


そして無事に金色の御朱印帳をゲット!

ビニールのケースも付いていて、なんとも便利。これまで和紙の袋に入れてたんだけど、すぐにボロボロになってたんだよなぁ。達筆な御朱印もいただいていい感じ。

赤城神社の周りには湖があってちょっとした観光地になってるけど、他に周りたい神社があったのですぐ下山。しかーーーし、ガス欠寸前で赤城山を折り返したので、いつエンジンストップするか冷や冷やしながら下りた。エンジン止まればハンドルが超重くなるしブレーキも利きにくくなる。これまで無いぐらいのチキンな運転でトロトロ下山して、なんとかセーフでガソリンを補充。特に何もない場所のガソリンスタンドはボッタくり価格が普通なのに、リッター119円で予想外だった。これも赤城神社のご利益のなせる業。

で、もう一つの赤城神社、三夜沢赤城神社に再度(三度目)参拝。

が、しかーーーし!またもや無人。。平日しかいないのかなぁ。ここで文句行ったら天罰が下りそうなので、個人的な願いを祈りまくって退散。

で、次なる地、大胡神社へ。カーナビでなんとか分かったけど、普通だったら分からないのではと思うような場所にあった。

時間が完全にストップしたような場所だったので、ここも無人だろうと参拝を済まして帰ろうとしたら、社務所のドアが開いているではないか。さっそく声をかけたら、かなり非常にとても高齢なおじいちゃん神主さんがいらっしゃった。で、無事御朱印をゲット。プルプルした文字で丁寧に書いてくれて、ちょと感動。後継者がいることを切に祈ります。

で、その後、産泰神社へ。失礼ながら外れた地にある神社にしてはしっかりとした構えだったので、御朱印が貰えるだろうと大いに期待して参拝。

が、しかーーーーし、

あー、そうだそうだ仏滅じゃん、今日。いやーそうでしたね、って関係あんの?まぁ仏滅以外の日にこれば大丈夫なんだろうとある意味分かりやすいけど、初めて目にした。

神社の名前からも出産に関連してそうな感じですが、

安産対応です。猫だと思ってたら犬だったのね。。

そういや、とある神社で犬の散歩をしていた娘っこがいた。神をも恐れぬ暴挙に唖然、茫然、愕然。一緒にお参りっていう気持ちはわからないわけじゃないけど、2000年のしきたりだしなぁ。まぁ親も知らんのだろうけど。
御朱印
超久しぶりにブログ更新。ここんところ休日ごとに神社に行きまくってた。かなり前から神社行きまくってたけど、今年に入ってからは御朱印をいただくようになって、それにハマってしまい、更に加速。2月に何気に寄った櫻木神社(千葉県野田市)で御朱印帳を買ったのがきっかけで。今思うと、なんで御朱印帳を買おうと思ったのか。。。

それからは目的が御朱印集めになりつつあって、本末転倒ながら、まぁそれもいいやと、クルマに乗って、日帰りで行ける範囲で参拝してる。今日はいい天気だったのにちょっと出れない事情で在宅だったので、こうして超々久々に更新!ってか、あまりに久しぶりでどんな文調で書いてたのか思い出せん。


御朱印帳は一冊で23社分の朱印を押せて、裏も使えば46社。裏写りしないように片面だけで使ってる。コスト的にもったいないながらも、霊験あらたかに違いない。麻生さんが高速代1000円にしてくれたおかげで、以前に比べて超お安く巡礼できてる。素晴らしい。

とはいえ、いつでももらえるわけではなくて、神社が行事中で忙しかったり不在だったりと諸事情で朱印がもらえないことも多く、実際にはこの3倍以上の神社に行ってる。

不思議なことに、墨の匂いと和紙の香りがなんとも心落ち着くんだよねぇ。御朱印が増えれば増えるほど、その香りがいいものになっていくような気がする。

もちろん「年に一度はお参りに行きましょう」の伊勢神宮へも行きましたー。
御前崎
数年前に流行った賄賂最中を御前崎まで買いに行った。

このあたりは江戸時代の大老、田沼意次の所領だった。それで町おこしでとある和菓子屋さんが出したのが賄賂最中。発売当初は売り切れが続出して買えなかったのに今ではあっさり買える、てかおひとつ1000円というボッタクリ価格は賄賂最中そのもの。田沼意次は彼なりにあの厳しい時代にいろいろと改革をしたハズだけど、後世ではすっかり腹黒大老な扱い。

朝から天気が良くて気持ちいい。


大きな地図で見る
秩父へ〜三峰神社
ここんところ週末は常に雨。。雨のドライブは好きだけど、現地についてからが大変。

お昼過ぎに秩父の三峰神社まで行こうと思い立ち、家を出たものの、なぜか中央道へナビられ途中で降ろされ関越道に向け環八を走り、渋滞につかまり、関越を降りた頃には夕方6時。この時点でいろいろな営業時間の終了時間を過ぎているものの、折角来たことだしと一路三峰神社へ。


途中で浦山ダムに寄った。霧が出ていてレジスタンス(PS3のゲーム)の一シーンのようでカッコいい。視界が狭くてちょっと先がもう霧で見えなくなっていた。

三峰神社へ向かう道は、細い山道がメインで、しかも霧深くて視界が悪い上に街灯もほとんどなくて暗かったから、前がほとんど見えない恐怖のドライブだった。というよりも道に迷ってしまって全然違う沢に出たり、行き過ぎて林道をひたすら走って別の山を走ったりして、結局着いた頃には8時過ぎだった。


あまりの暗さで三峰神社はどこにあるの状態でウロウロし、境内で迷い、ようやく参拝できた。大きな神社なんで、もっと明るくて天気も良ければいろいろと発見もあっただろうけど、まぁ参拝できただけでもいいとするか。他の参拝者も神官さんたちも誰もいなかった。でも、まだ8時ですよ!みんな寝るの早すぎ。

帰りに寄ろうと思った温泉はすでに終了していて、急遽違うところに行ったものの残り時間30分ということで慌しく着替えて入浴。まるで自分の家でお風呂に入ってるのかと思うぐらいのスピードで、なんとなく疲れは取れたもののゆったりした気分を味わえなかった。


にしても夜霧の山道は非常に恐ろしい。写真は二瀬ダムの近くのトンネル。国道140号なんだけど荒削りの山道トンネルで車が一台通るのがやっと。行き違いできないからトンネル入り口に長い待ち信号があるけど、遅い車とか暴走トラックとかが走ってたら正面衝突するね。

最初から早く家を出ればいいだけなんだけどねぇ。いつもその日に行き先を決めるから、行き先を決めるのに1時間ぐらい掛かってしまって、準備して、ダラダラして、結局出るのはお昼過ぎ・・・週なかがもっと落ち着いていたら準備できるんだけど、仕事が忙しすぎ・・・・

大きな地図で見る
太郎山〜長野
長野にある太郎山に行ってきた。自分の名前を地名検索していたら同じ名前の神社を発見し、これは行かねばということで出発!久々の一泊旅行(といっても予定が狂ったせいで車中に寝たんだけど)。


雨が断続的に降っていて雲が山にかかっていた。雲もそんなに高くなく雲よりも高いところで幻想的な光景が広がってた。太郎山の高さは1164m。朝一に登ったけど、すでにご近所の方々が登っていて、ほとんどがお年寄りだった。どうやら頻繁に来ている模様。みんな元気だよねぇ。朝もやのせいか適度に湿気があって気持ちよかった。ここ数日喉が痛かったのに、ここにいたときはなんとも無かった。

 
頂上付近にある神社。もっと麓にあると思って頑張って山登りしてたけど、なかなか着かないと思ってたら、ほぼ頂上付近にあった。麓からここまで2kmちょいなんだけど1時間以上かかってしまった。平地の2kmとはかなり違うよなぁ。

ここの神社の鈴はあんまし鳴らない。地元の人が教えてくれたけど、いつもとは違う職人さんに修理を頼んだら中を入れ忘れて接合してしまったらしい。で、上の隙間から釘をいれたんだけど、釘だと小さすぎて滑って鳴らないようになってしまったらしい。

1000mの山だけど山道は綺麗でゴミひとつ無く、地元の人が大事にしてるのが分かる山だった。登りやすいし普段ハイキングなんてしない俺でも満喫できた。


帰りに高速で面白い車を発見。よーやるわ。。


大きな地図で見る
足尾銅山〜貴船神社

久々に足尾銅山に行ってきた。こないだの土肥金山の続編ということで次は銀山だと思ったものの関東、というより東日本には銀山が無い!そう歴史で習ったように「東は金、西は銀」なんだよね。金と銀とくれば銅、ということで足尾銅山に。足尾銅山以外にも東日本には銅山があるんだろうけど、手っ取り早くて観光地化しているところなので、足尾に決定。

まぁ前回来たときは楽天株を買おうかどうしようか悩んでたときだなぁと思いながら、ノーポジの気楽さを満喫できた。でも株やってたときのほうが時間をきっちり無駄なく使えてたと思う。

まぁ銅山は銅山で前回と何一つ変わらずだったような感じがする。


その後、いつものように神社へ行こうと、近くにあった貴船神社へ。こんな人里はなれた(過疎化の進行した今だからかもしれないけど)ところでも参拝者は多いみたいで、おみくじや絵馬がたくさん奉納されていた。水の神様を祀っているので、おみくじも水占い(おみくじを水に浸すと占いが出る)だった。


貴船神社の拝殿の屋根に珍しい神紋を見つけた。紅葉紋。京都の貴船神社が紅葉が有名らしいんだけど関係があるのかな。

次こそ銀山へ。


大きな地図で見る
内房の先端、洲崎神社へ
何度も行こうと思ってなかなか行けなかった内房の南端に行ってきた。アクアラインが多少安くなって助かる。最近は変な車やぶっ飛ばす車が減って、とても走りやすい。ガソリン高くなったけど、いい点もあるのかもしんない。


洲崎神社。

品川新馬場にある品川神社は平安末期にこの神社から勧進されたらしい。品川神社にはよく行ってるから、いつかここにも行こうと思ってた。都心から外れているし、周囲にこれといった観光資源がないので、境内もとても落ち着いていて心休まるところ。近くには浜辺や釣り場があるけど、ここまでは来ないみたいだね。県立安房博物館という入場料200円の資料館が近くにあるぐらい。鯨漁や網漁について展示してあった。併設の水族館もあったけどあまり興味なく行かず。

虫の宝庫となっていて、なぜか都心を離れると大きな虫が多いけど、ここにも大型昆虫が。デカい蛾のオオミズアオや卵を抱えたアシダカグモがいた。普段、蚊やハエぐらいしか虫を見かけないだけに、虫が異なものに思えて近づきがたかった。小さい頃は触れてたのにね。

そんな自然あふれる内房南端にも、ジャスコ・ヤマダ電機を中心とした巨大ショッピングモールがあって、コムサのアウトレットがあった。ヤマダ電機でiPhoneの展示があり触ってたら欲しくなって、店員に聞いたら、「キャンセル待ちだけど在庫あり!」とのこと。こんなところでキャンセル待ち入れても仕方ないので撤退。いろいろと微妙みたいで、欲しいけど悩む。。


大きな地図で見る
埼玉へ〜上之村神社

埼玉にある上之村神社とやらに行ってきた。大雷神社、雷雷神社とも言われているみたい。

なぜにここという理由はないんだけどね。家を出るのが遅すぎて着いたのが8時過ぎ。周囲はすっかり暗くなって、駐車場すら閉まってた。。虫取りに来ていた家族がいて、子供に「ねぇねぇ何しに来たの〜。何取りに来たの〜?」と聞かれてしまった。ほっとけ、祈願に来たんじゃい!神社は遊びに来るとこじゃねーわい。神の前で虫を取るなど不謹慎なッっと心の中で叫びましたが、届かなかったようです。というか赤の他人をライトで照らすなっちゅうの。まぁ田舎で8時というと深夜に近い時間だろうから、怪しかったんだろうなぁ。


大きな地図で見る